『バイオハザード:ザ・ファイナル』を見てきた。

| 雑記

20161229_01.jpg

開始数分でこう思った。

「あ、これ前作見てねーや……」


どうも自分の覚えている展開から全く話つながらない。
自分が覚えていたのは船の甲板で戦っているアリス、そこへやってくる洗脳されたジル、という展開。


帰ってきてからパンフレットを片付けていると前作『バイオハザードⅤ リトリビューション』のパンフレットがあるし、ブログの過去記事を検索してみるとちゃんと劇場に見に行ってるみたいです。ふーむ、全く記憶にないなぁ。

ということなのでAmazonのプライムビデオで5をざっと見直しました。そうしてみるとやっぱ見たことある!見直してみるとなんとなく思い出しました。自分が覚えていたのは4の最後ですね。
でも改めて見直してみても5の最後から6の冒頭の間に何が起こったのか全く描かれていないのでさっぱり分からない。小説版ではこの間が描かれているらしいけど、自分は映画だけ追いかけているので分からないです。

5の最後はホワイトハウスの周りを大量のゾンビ他に囲まれて最後の戦いが始まる!みたいな感じだったのに、6の冒頭はホワイトハウスの地下から一人出てくるアリス、周りは完全に崩壊している、という展開。
いや、その間に何があって、他の奴らはどうしたんだよ……。

『バイオハザード:ザ・ファイナル』自体は、展開はかなり早く、勢いを弱めることなくどんどん進んでいきました。バリバリのアクションも良かった。終盤で明かされるアリスの秘密もなるほど、と。
ただ暗いシーンが多く、カットの切り替わりもかなり早い。画面側にライトを向けるシートンとか、スクリーン全体がチカチカするようなシーンも多く、見づらいという印象。

実写のバイオハザードは今作で完結。何だかんだで最後まで見ることが出来ました。
個人的にはシリーズ通して結構面白かったと思います。

コメント



トラックバック