『いけにえと雪のセツナ』を購入。

| いけにえと雪のセツナ

2016年の1本目。
20160218_01.jpg

早速プレイし始めました。戦闘タイプはアクティブで。FFでも自分はアクティブ派ですし。
現在5人目のパーティーキャラ、キールが仲間になったところ。
プレイ時間が見れないのでどれぐらいやったかは分からないです。
20160218_02.jpg20160218_07.jpg
20160218_03.jpg20160218_04.jpg
20160218_05.jpg20160218_06.jpg

今のところは悪くはないですね。ストーリーはテンポよく進むし、音楽も自分好み。
フィールドやダンジョンの雰囲気はいいけど、基本的に雪景色ばかりが続くので飽きるという人もいそう。
ロードはマップの切り替えなどで大体2~3秒、イベント前などちょっと長いかな?と感じるところでもせいぜい4~5秒程度なので個人的にはほぼ気にならないかな。Vita版は一部でロードが結構長いみたいなのでPS4版を買って正解だった。

イマイチだと思ったところも少し。
・プレイ途中でのセーブデータのロードや任意でタイトルへ戻る手段が無い。
・イベントスキップが出来ない。
・戦闘中、回復などで仲間をターゲットとして選ぶときに、画面下のステータス部分だけでは誰を選んでいるか分からない。フィールド上のキャラを見れば誰を選んでいるのか分かるけど、個人的にはステータス部分でも分かるようにして欲しかった。


ああ、それと古き好きRPGを意識しているのなら、ゲームの内容だけでなく、説明書にもこだわって欲しかった。あのパッケージを開けて、説明書を手にとった時のワクワク感も取り戻してくれよ・・・。
今はほとんどが電子説明書で、パッケージに入っているのは紙切れ1枚だけ。なんとも味気ないです。
これは『いけにえと雪のセツナ』に限ったことではないですけどね。


あの頃、みんな説明書に夢中だった。
とりもどそう。ボクたちの説明書――。

コメント

シエル 

説明書はほしいですねー。しかもセツナのvita版電子説明書みようとしたら
アプリケーションを終了しますとでてキレそう(笑)

なんかキラリンとかいう敵が経験値1000もくれてLv上げすぎて29に
なっちゃいました^^;

「僕だけがいない街」やばすぎるわw 毎度引きがよすぎるw
ネタバレじゃないけど主人公の母親殺した
犯人を捜すのがこのアニメの目的だけどこれの犯人当ては結構難しいと思いますよ。
主人公が特殊な能力を持っててまぁシュタゲみたいなもんですね。
キャラの濃さはシュタゲに劣るけどシュタゲより全然おもろいですよ。
灰と幻想のグリムガルは合うかわかんないけどRPG好きならいけるとは思うw
ユメちゃん可愛すぎる^^

2016年02月19日(金) 02時49分 | URL | 編集

himajin 

>シエルさん
説明書読むのにゲーム終了とか、これはひどい。
ゲームをやりながら読むことが出来ないのは電子説明書のデメリットですよね。

そんな美味しい敵、いるんですね。
自分はまだ遭遇していないなー。

ほうほう。その内容を聞くと『僕だけがいない街』は少し気になってきた。
でも『灰と幻想のグリムガル』は見るかどうかは未定です^^;

2016年02月19日(金) 23時43分 | URL | 編集



トラックバック