『バクマン。』を見てきた。

| 雑記

20151005_01.jpg

久々の邦画。
「配役は逆だろ」と発表された頃は思っていたけど実際に見てみるとお互い結構はまってる。亜豆は個人的には無し。なんか自分の思っていたイメージと違う。
序盤はテンポよく進んだのはよかったけど、後半若干グダった感じはあるかな。
物語的にも重要なペンネーム「亜城木夢叶」の名が出てこないというのもちょっとなぁ。そもそも名付け親である見吉が登場していない。
あとあの新妻エイジは無いわ。漫画では変人でもサイコー、シュージンのライバルとして魅力はあった。しかし映画の新妻エイジはただただ嫌味っぽくて魅力を感じられなかった。
自分は原作を読んでいるのでこれからの事も、サイコーと亜豆の今後も知っているけど、映画だけで見ればこの先、サイコーと亜豆が上手くやっていけるか少し不安になった。

個人的に65点ぐらいの印象。原作読んでいる人からすれば物足りないんじゃないかなぁ。

コメント

シエル 

原作のバクマンすごい好きなので気になりますね。
似たような内容のRINて漫画もあるんですが普通かな。

うたわれは前作してないのでよくわからない所もありましたが
ギャグも割と多く可愛い子も多くておkw中途半端におわったので
3は出るぽいです。偽りの〇〇て言葉に弱くて買いました(笑)
ADV好きのトライさんがツイッタで絶賛してたのもあってですがw

よるのないくにはどこでもできるvitaで買っちゃったけど失敗でしたね。
やけに画面が荒くて・・(特に戦闘)これはPS4一択でしたw

2015年10月06日(火) 06時31分 | URL | 編集

himajin 

>シエルさん
物は試し。映画単体としてみればそう悪くはないと思いますよ。でも原作が好きならコレジャナイ感があるかも。

ほうほう『うたわれるもの』も名作のようですね。いつになるかわからないですが購入を考えてみます。
『よるのないくに』はクロスセーブに対応しているのでPS4版に買い換えても続きから出来ますよ^^

2015年10月06日(火) 23時37分 | URL | 編集



トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。